実はいつも出会ってる。出会いは意識すればそこら中にあるもの

出会いがない…という人は多いですが、実際には出会いなんて誰もが毎日経験しているもので、それを出会いと捉えていないほうが正しいです。

例えば、ふと入ったコンビニで自分が素敵だと思う店員さんがいたとします。
これはもう立派な出会いですよね。

確かにその場でどうこうできるものではないかも知れませんが、本気になればちょくちょくコンビニに通い、まずは挨拶から仲良くなっていくという事だって可能です。

ただ、そこまでするほどじゃない…そこまではできない…という考えがあるから、それを出会いとして捉えていないだけです。

出会いの多い男性には特徴がある

出会いがない男性が多い中、出会いにはまったく困っていないという男性がいる事も事実です。そうした男性の多くには似たような特徴があります。

それはノリが軽いことです。

軽口を言ったり、女性に対して警戒をさせないノリを持っている人は出会いに困っていない男性が多い傾向にあります。

又、そうした男性は上で述べたように、ふとしたすれ違いのような出会いもしっかりと出会いとして捉えることができるようで、例えコンビニの店員さんであろうと、その後しっかりと関係を築いていく事ができます。

それは出会いというよりも、気に入る女性がいたら必ず仲良くなるといった自分なりの決まりがあるからのように思えます。

まさにイタリア人のように素敵な女性がいたら口説かないと失礼、というのを地で行くような男性なのでしょう。

さすがにそこまでしろとは言いませんが、そうした意識を持つ事で毎日の生活の中に転がっている出会いを拾う事ができるようになり、きっと今よりも出会いに対して困るという事は少なくなるでしょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*