出会いは待っていても来ない、出会いにいくもの

流行語にも選ばれた草食系という言葉ですが、こうした男性が現在非常に多くなっています。草食系ならばまだいいですが、最近では絶食系とも言える、まったく女性に対して免疫のない男性などもいます。

そうした方達の多くは出会いがないという事を環境や容姿のせいにしてしまっているように感じますが、それは間違いです。

確かにどうしても人よりも劣ってしまう部分というのはあるかも知れません。ですが、それで全く出会いがないという事にはならないのです。

出会いは自らが動く事でやってくるもの

出会いがないと、何かしらに言い訳をしている方の多くは最初から自分には出会いなんてないと決めつけ、行動をしていない人がほとんどです。

確かに行動したところで出会いが100%あるとは言えませんし、その先がうまくいくとは限らないものです。当然その中には失敗なども多くあるでしょう。

ですが、そうして最初から決めてつけてしまえばしまう程、自分から出会いはどんどんと遠ざかっていきます。

待っていればいつか…なんて起こるはずがありません。
もし起こるとすれば、それは容姿端麗で小さいころからちやほやされるほんの極一部の人間のみです。特に男性の場合は多少イケメンといったくらいでは出会いが勝手にやってくる事なんて稀です。

出会いがある人はそれを十分に心得ていて、必ず自ら行動をしています。
そうした行動を繰り返す事で、更に多くの出会いをものにする事ができるようになります。

出会いたいのならまず意識を変えること

出会えない、会ってもその先がない…そう考える人はまずはその意識を変えましょう。
「出会い=恋人」を作ると考えている人なら「出会い=友達作り」と考えハードルを下げる事で、きっとその意識は変わってくるはずです。

最初から恋人を作る事が目的で出会いを探してしまうと、どうしても出会いの幅を狭めます。又、自分自身にも大きなプレッシャーとなってしまい、余計に失敗する可能性が大きくなりますので、まずは友達を作ろうくらいの軽い気持ちで出会いに望む事が大切です。
そうした意識を自然と持つ事ができれば、出会いは増え、その後の結果もより良いものになっていくのは間違いありません。

自分の中にある意識に対して、しっかりと向き合い出会いというものに対しての考え方をもう一度見直してみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*